スクラム採用とは

スクラム採用とは、「採用活動を経営陣と人事に閉じたものではなく、現場社員を巻き込んだ形で行うことで、最大の成果を創出していく採用手法」です。
採用活動において採用担当の人事・経営者だけが主体者ではなく、現場社員も主体者であることが「スクラム採用」の最大の特徴です。

これまでの採用

人事と経営陣に閉じたもの

これまでの採用

スクラム採用

現場の社員が採用に積極参加
採用担当は現場がうまく動けるようサポート

スクラム採用

なぜスクラム採用が求められるか

「求職者の変化」「情報発信/収集方法の変化」「企業の変化」の複合的な影響により、専門性に着目した採用活動が求められています。
それには、専門的な知識を持って業務を行っている「プロ」=現場社員を巻き込んで進める「スクラム採用」が圧倒的にスピードが早く精度が高いのです。

  • 求職者の変化

    常に情報収集・比較検討している

    求職者の変化
  • 情報発信/収集方法の変化

    変化に合わせて手段が豊富に

    情報発信/収集方法の変化
  • 企業の変化

    各仕事に適した専門性の高い人材ニーズの増加

    企業の変化
  • 採用プロセスに必要な変化

    現場主導で採用を推進

    採用プロセスに必要な変化

より詳しく知りたい方

「スクラム採用を成功させるポイント」など、HERPの運営する採用メディア「HERP Lab」でより詳しく紹介しています。

スクラム採用についてもっと知る
HERP Hireについてもっと知る

採用管理(ATS)部門 顧客満足度No.1

※ITreview GRID AWARD 2020 Winter

採用管理(ATS)部門 顧客満足度No.1

※ITreview GRID AWARD 2020 Winter